自然に恵まれたエリア|人気不動産がおすすめできる理由

このエントリーをはてなブックマークに追加

選択の視野を広げてみる

つみきの家

中古購入の大事なポイント

東京で自分の家を持ちたいと考える方は沢山いると思います。戸建てかマンションか、マンションであるならば新築か中古かと迷う方も多いでしょう。最近では、東京で中古マンションを購入する方も多くいます。その中でも特に多いのがリノベーションをして自分好みの雰囲気やこだわりのあるデザインに仕上げたい為に、あえて中古マンションにするという方がとても増えています。新築と違って壁紙から部屋の内装まで自分達の思いのままに出来ますし、家族で楽しみながら自分達の家をコーディネート出来るのが魅力になっています。この数年で、中古マンションのイメージが変わってきているのが現状です。中古マンションと言っても広さは勿論のこと、築年数によってもお値段も大分変わります。東京の一等地の地域では、新築マンションと変わらない位のお値段の中古マンションもあるほどです。築年数が浅ければ浅いほどお値段は高めになりますので、同じ東京の中でも場所選びも重要ですね。あとは、中古マンション購入で一番気になるところは耐震性がどの位強いのかというところです。新耐震基準以降に建てられたマンションの方が安全性が高いと一般的には言われていますが、それ以前のマンションでも、マンション構造のレベルが高く安全が保障されています。また、耐震改修や補強を行っているマンションなどもありますので一概には言えません。その辺りも踏まえて、まずは自分達の希望が築年数どの位までが良いかという基準を決めておくと、探す時にも絞りやすく、効率的に探すことが出来ますね。